トップページ > パピークラス(こいぬの教室) > 子犬の時期に大切なこと

子犬の時期に教えておきたい大切なこと

子犬の社会化って何?

子犬は、人間社会で生きていくために初めてのことをたくさん経験します。
知らない人に会ったり、足ふきをしたり、トイレを覚えたりと言ったことが、子犬にとっては初体験になります。
それが、良いことなのか、悪いことなのかを子犬は判別し、その後の行動に大きな影響を与えます。
pet_dog_man
社会化期(3 ー 12 週齢)の子犬は、とても感受性が強く様々なことを受け入れることができます。
この時期に様々な体験をし、良い経験をしておけば、
後に知らない人や様々な状況に遭遇した時にも、ストレスなく、フレンドリーに過ごすことができます。
これが、子犬の社会化です。

逆に、この時期に知らない人や動物、初めての状況に会わず、良い経験をしていないワンちゃんは、人や他のワンちゃんに臆病になってしまいます。
このようなワンちゃんは、人や他のワンちゃん、物音など様々な状況に対して不安や恐怖は強く、無駄吠えや威嚇、甘咬みなどの問題行動をおこしてしまう可能性が高くなります。
そうならないために、子犬の社会科はとても大切です。

将来、明るく穏やかでフレンドリーなワンちゃんになるように、
子犬のうちから社会化をしてあげしょう。
pet_dog_cafe


いるか動物病院ロゴ
[ 電話番号 ]054-268-4333
[ アクセス ]静岡市駿河区みずほ3-1-1
[ 診察対象 ]犬、猫、うさぎ
[ 診察時間 ]9:00~12:00/16:00~19:00

※11月から3月まで土曜日午後の診療時間は15:00~18:00になります。

日祝
09:00~12:00 予約
16:00~19:00 予約

ページの先頭に戻る