感染症予防

家の外に出ないからワクチンは不要と思っていませんか?
猫風邪など、家の中にいても感染する病気も少なくありません。
猫ちゃんに辛い思いをさせないためにもワクチン接種は行いましょう。
なおペットホテル等では、ワクチン接種をしていない猫ちゃんは預けられないところも多いです。

ワクチンで予防できる主な感染症
・猫ウイルス性鼻気管炎
・猫カリシウイルス感染症
・猫汎白血球減少症
・猫白血病ウイルス感染症
・猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)

猫ウイルス性鼻気管炎・猫カリシウイルス感染症
猫風邪と呼ばれる症状(鼻汁・咳・発熱・食欲低下)が現れることがあります。
またウイルスによってはよだれ・角膜炎・口内炎などがみられることがあり、これら別々の症状が同時に現れることもあります。
原因となるウイルスは複数あり、これらが複合感染した場合、より重い症状を引き起こし、命に関わることもあります。

猫白血病ウイルス感染症
主な症状として、リンパ腫などの腫瘍・貧血・白血球の減少・骨髄機能の低下・腎炎がみられることがあります。
免疫力が低下し、他の感染症の併発も考えられます。
根本的な治療法がないため、死亡する確率が高い病気です。
感染猫ちゃんとの毛づくろいや食器の共有で感染する可能性があります。

猫エイズ
主な症状として、発熱・下痢・口内炎・体重減少・鼻炎・貧血・腫瘍などがみられることがあります。
長い時間をかけて抵抗力が失われていく恐ろしい病気です。
発熱や下痢は一度治り、回復したようにみえるため、発見にも時間がかかります。
根本的な治療法はなく、多くの場合が死に至ります。

上記の感染症は、ワクチン接種により予防できます!
また、発症した場合にも症状を軽減し、治療にかかる時間や費用を少なくできます。

猫ちゃんのライフスタイルによってオススメのワクチンが変わってきます。
詳しくは当院にてご相談ください。
いるか動物病院ロゴ
[ 電話番号 ]054-268-4333
[ アクセス ]静岡市駿河区みずほ3-1-1
[ 診察対象 ]犬、猫、うさぎ
[ 診察時間 ]9:00~12:00/16:00~19:00
日祝
09:00~12:00 予約
16:00~19:00 予約

ページの先頭に戻る