トップページ > いぬのページ > フィラリア予防

フィラリアとは

 

 

フィラリアとは糸状の寄生虫で、この虫は蚊の体内である程度大きくなります。

ワンちゃんは蚊に刺されることによって、この刺し口からフィラリアの子虫が侵入し感染します。

 

フィラリアの子虫はワンちゃんの体の中を循環し、心臓に寄生します。

心臓に寄生してしまうと、心臓は体全体に血液を送るポンプですから、色々な臓器に障害を与えます。

 

このようなことにならないために、まずはしっかりフィラリア予防をしましょう。

かかってしまってから治療するのではなく、予防が大事な病気です。

 

フィラリア心臓


フィラリア症の症状


☑ 咳が出る

☑ 腹水が溜まる

☑ 血尿が出る

☑ 血を吐く

☑ 食欲がなくなる

☑ 元気がなくなる 

 

など

 

死亡する場合もある怖い病気です。

 

 

 

予防方法


毎月1回、体重に合わせて予防薬を投薬します。

蚊が出始める時期から、蚊のいなくなった1ヶ月後くらいまでの5月~12月まで

 

蚊に刺されることによってワンちゃんの体内に侵入したフィラリアの子虫を、心臓に寄生する前に殺して予防するお薬なので、

蚊がいなくなっても、少し長めにお薬を投薬して下さい。



予防薬


当院では

・錠剤タイプ

・チュアブルタイプ

 

をご用意しています。

 

チュアブルタイプにはノミ・マダニを一緒に予防できるお薬もあります。

ご提案いたしますので、ご不明な点は当院スタッフにお尋ねください。

 

 

 

お薬を始める前に


毎年お薬を始める前に、フィラリア抗原検査を行います。

ワンちゃんから採血をし、フィラリアの感染有無をチェックします。

 

もし、昨年の予防がしっかりできておらずフィラリアにかかってしまっているワンちゃんに予防薬を投薬してしまうと、ショックを起こして死んでしまうこともあるからです。

 

血液検査でフィラリアにかかっていなければ、予防を始めます。

かかってしまっていたら、治療をしていくことになりますので、その後の検査や治療方法については症状に応じて説明します。

 

フィラリア抗原検査で採血した血液で、血液検査も同時にできます。

お得な価格で検査ができるので、この機会に血液検査もして愛犬の健康状態をチェックしませんか?

da031027s

 

いるか動物病院ロゴ
[ 電話番号 ]054-268-4333
[ アクセス ]静岡市駿河区みずほ3-1-1
[ 診察対象 ]犬、猫、うさぎ
[ 診察時間 ]9:00~12:00/16:00~19:00

※11月から3月まで土曜日午後の診療時間は15:00~18:00になります。

日祝
09:00~12:00 予約
16:00~19:00 予約

ページの先頭に戻る