トップページ > いぬのページ > ワクチン接種

ワクチン


なぜ混合ワクチンを接種するの?


子犬はお母さんから病気に対する免疫(移行抗体)をもらいます。

 

この移行抗体は生後2ヶ月頃からだんだんと無くなっていきますので、子犬は病気に対して、無防備な状態となります。

 

病気からこの子達を守るために、ワクチンを接種して病気に対する免疫をつけましょう。

 

また、この免疫は一生続くわけではありませんので、1年に1回ワクチン接種していきましょう。


da031020s


 

混合ワクチンで予防できる病気

 

➊ ジステンパー

➋ パルボウイルス

➌ 伝染性肝炎

➍ アデノウイルス2型感染症

❺ パラインフルエンザ

❻ コロナウイルス

❼ レプトスピラ カニコーラ型

❽ レプトスピラ イクテロヘモラジー

❾ レプトスピラ グリッポチフォーザ

❿ レプトスピラ ポモナ

 

 

混合ワクチン接種プログラム

 

初年度のワクチンは3~4週間毎2~3回接種します。

以後、1年に1回ワクチン接種するようになります。

 

 

 

狂犬病ワクチン


生後3か月以上経つワンちゃんは狂犬病ワクチンをすることが義務付けられています。

 

最初の注射をすると静岡市に登録されます。

登録は生涯に1回、注射は年1回しなくてはいけません。

 

毎年4月に更新され、市より狂犬病ワクチン接種のハガキが届きます。

当院でも狂犬病ワクチン接種を行っていますので、接種時期になりましたらご来院ください。

 

 

 

ワクチンの副反応


まれにワクチンに対するアレルギーが出る子がいます。

 

 

☑ 顔が腫れる    

☑ 嘔吐

☑ 元気がなくなる  

☑ 下痢

 

 

などです。

 

またショック状態になってしまう子もいますので、いつもと違った様子がみられたら、できるだけ早く病院に連絡してください。

 

 

 

その他の注意事項


病気に対する免疫は、ワクチン接種してからすぐにつくわけではありません。

 

子犬の時期は、初年度の最終ワクチンが終了して1週間経ってから、お散歩、シャンプー、他の子との接触等をするようにしてください。

 

成犬はワクチン接種後1週間経ってからシャンプーをしてください。

お散歩等は通常の生活を心掛けてください。

 

いるか動物病院ロゴ
[ 電話番号 ]054-268-4333
[ アクセス ]静岡市駿河区みずほ3-1-1
[ 診察対象 ]犬、猫、うさぎ
[ 診察時間 ]9:00~12:00/16:00~19:00

※11月から3月まで土曜日午後の診療時間は15:00~18:00になります。

日祝
09:00~12:00 予約
16:00~19:00 予約

ページの先頭に戻る